小陰唇の肥大は酷くなると痛むので医療機関で診てもらいましょう

レーザー治療で痛みがない

お尻

小陰唇の肥大やバランスの悪さなどは女性にとってデリケートな問題です。小陰唇が肥大することで様々なトラブルが起きます。自転車に乗った時に痛みが出ることや座った時に違和感があることや臭いが強くなってしまうなどのトラブルがあります。肥大に気づいてもなかなか病院に行く勇気が出ない人は多いでしょう。病院に行く勇気が出ない人の理由の一つに治療法が分からないことがあります。事前にどんな治療法があるのか知っておきましょう。そうすることで、治療の際にスムーズに始めることが出来ます。

小陰唇の肥大の治療法はいくつか存在します。治療として主になっているのは、切除術とレーザー治療です。かつては切除術しかなかったのですが、最近では痛みなどが少ないレーザー治療もあるので気軽に治療を行えるようになっています。安全に手術を行えるので思い悩んでいる人は手術に踏み切りましょう。小陰唇の肥大の原因はホルモンの関係が大きく関わっています。思春期や妊娠をさかいに大きくなってしまう場合が多いのです。また、他には加齢や慢性的な炎症によることが原因とも考えられています。小陰唇の問題がある人は病院に行き相談をしましょう。小陰唇はある程度の大きさにならなければ問題はありません。まずは、医療機関でカウンセリングを受けてどのような対処が必要か知ることが良いでしょう。そうすれば、痛みが出たり臭いが強くなってしまったりすることは避けられます。適切な対応をしましょう。